言語
MENU
SUPER TECHNICIAN

SUPER
TECHNICIAN
スーパーテクニシャン(歯科技工士紹介)

青柳 慶己

青柳 慶己 Yoshiki Aoyagi

人を笑顔にできる職業

歯科技工士を目指したきっかけ

 なりたい職業がなかなか見つからずにいた高校生のころ、ただ漠然と手に職をつけたいと思い、進路指導室でたまたま医療系の国家資格である歯科技工士の職業を見つけたのがきっかけでした。最初は歯科技工士自体どんな職業なのかわからず、調べていくと一人ひとりに合ったオーダーメイドの歯を作る職人ということと、人を笑顔にすることができる職業ということを知り、そのふたつに惹かれ専門学校に進学を決めました。

 入学してからはカービングや実習など、今まで経験したことのないことばかりでなかなか上手くいかないことも多々ありましたが、それ以上に歯科技工が新鮮で楽しく、日々充実していたことを思い出します。学校で技術や知識を増やしていく中で自然ともっとうまくなりたい、本物そっくりな歯を作ってみたいと思うようになり歯科技工士になりたいという思いが強くなっていきました。

入社当時の思い出

入社当時の思い出

 国家試験に合格してからもう1年、専門学校の研究科に在籍し、多少の臨床経験を積んでいましたが、入社当時はやり方や量、スピード感など実際のラボの臨床現場と学校での作業のギャップがあり、なかなかうまくいかず、たくさん失敗しました。

 初めは模型作りを担当し、マージンをショートさせてしまったり、本模型を割ってしまったり、手が滑って残存歯質や支台歯を削ってしまったり、当時の上司や先輩には本当にたくさん迷惑をかけたと思います。そのたびに何度も助けてもらい、ご飯に連れて行ってくれたり、落ち込んだときは励ましてくれたりいろいろな面でもサポートしてくださったことは今でも感謝しています。

 この時、自分も将来後輩ができたときには助けられる側ではなく、助ける側にならなくてはと強く思ったことを覚えています。

スーパーテクニシャンを目指したきっかけ

 私が入社したころ、札幌センターにはスーパーテクニシャンが2名在籍しており、新人のときから今でもたくさんのことを教わっています。

 2名のスーパーテクニシャンの技術はもちろん、知識や対応力を間近で見て、自分もお世話になった2人に少しでも近づきたいと思い、まずチーフテクニシャンの試験を受けました。そこからチーフテクニシャンに合格し、次の挑戦として、また2名のスーパーテクニシャンだけではなく、今まで私を歯科技工士としても社会人としてもここまで育ててくれた上司や先輩方に、今まで教えてよかったと思ってもらえるようにスーパーテクニシャンの試験を受ける決意をしました。

 合格してからはスーパーテクニシャンとして恥ずかしくないよう気を引き締めて、仕事に取り組んでいます。

歯科技工士になってよかったと思う瞬間、エピソードなど

 やはり歯科技工士になって1番嬉しい瞬間は、患者さんの笑顔を見た瞬間です。私が歯科技工士を目指したきっかけの1つが、人を笑顔にできる職業で、セットの立会いに行った際に自分の作った歯が患者さんの口の中に装着され、患者さんが満足し笑顔なった瞬間を見た時、いままでの努力が報われるような気持ちになりとても嬉しく感じたことを覚えています。

 スーパーテクニシャンになり、後輩にも同じような経験をしてもらえるように自分の得た知識や技術を伝え、今後も1人でも多くの人を笑顔にできるように知識や技術に磨きをかけ、より自然に調和のとれた製品を創り出すべく、より一層努力していこうと思います。

さらなる目標、夢

 現在担当しているクラウンブリッジの知識だけでなく、技工全体の知識を身につけ、社内でも先生方や患者さんにも頼られるような歯科技工士になることが目標です。そのためにはデジタル化に伴い、新しい技術や情報にアンテナを張り、自分の持っている知識を更新し続けることや、技術的な部分はもちろん、対応力も向上させることが大事だと思います。

 経験値を上げていくことはそれらを向上させる要因だと思うので、いろいろなことに挑戦していく気持ちを持ち続け、後輩の良き見本となれるように、さらには1人でも多くの患者さんの笑顔を増やしていけるように努力していこうと思っています。

休日の過ごし方

 休日はスーパー銭湯に行きサウナでととのったり、友人とカラオケで熱唱したりしてリフレッシュしていましたが、結婚して子どもが産まれてからは自然と家族との時間を優先して過ごすことが多くなりました。まだ子どもが小さいので育児に奮闘しながらも家の中で遊んだり、近くの公園まで妻と子どもと散歩に出かけたりしています。

 ちょっとしたことでもできなかったことができるようになったなど、子どもの成長を見たり感じたりすることが最近の楽しみです。また、散歩に出かけた際は、普段あまり意識しない自然の中の音や視覚から自然を感じてリフレッシュすることができ、ON・OFFの切り替えをうまくすることで気持ちを新たにまた仕事に打ち込めると感じています。

休日の過ごし方

後輩やこれから歯科技工士になる方々へメッセージ

 どんな仕事でもそうですが向上心を持って物事に取り組むことは大切だと思います。もっとうまくなりたい、◯◯をできるようになりたい、もっと早く作業できるようになりたいなど自分の成長の原動力となっていくものが向上心だと思います。

 向上心を継続させるには私の場合目標とする先輩や上司がいたので、ずっとその近くでこうなりたいと思いながら作業を見たり技工の相談をしたりしていました。そうして得た技術や知識を吸収していくと、ポイントポイントで得た知識があるときつながったり、どう削ったらいいかわからなかった部分が見えてくるようになったり、技工が楽しくなってくると思います。そういった経験から私も後輩の目標となれるように日々努力しています。

 当社では知識や技術に優れた先輩や上司がたくさんいるので、自己成長するための環境は整っていると思います。

PRODUCT 歯科技工物紹介

PORCELAIN WORK

PORCELAIN WORK

PROFILE プロフィール

青柳 慶己

札幌センター

青柳 慶己(アオヤギ  ヨシキ)

1994年
北海道生まれ
2016年
北海道歯科技術専門学校研究科 卒業
2016年 
和田精密歯研株式会社 入社
2022年 
スーパーテクニシャンに認定

所属学会

  • 日本歯科審美学会

CONTACT お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

06-6321-8551 ここを押すとお電話できます
受付時間 9:00~17:00(土日祝除く)

お問い合わせフォーム24時間365日受付